ポテトチップス

カルビーは、
海外で人気の塩漬け卵味を取り入れたスナック菓子、
「ポテトチップス ソルテッドエッグフレーバー」を、
このほど発売したそうです。

濃厚な卵の風味が特徴で、
アジア圏を中心に海外で人気が高まっている商品を再現したとのことです。

ポテトチップス。

塩漬け卵味ね。

想像できないけど、
アジア圏で人気か。

へー。

日本ではどうかな。

知床ドラフト

クラフトビール製造の網走ビールは、
発泡酒「知床ドラフト」を、
11年ぶりに刷新し、
4月から販売するそうです。

ホップや香料の配合を変え、
フルーティーな飲み口に仕上げたほか、
ラベルのデザインも変更したとのことです。

知床ドラフトか。

最近、地ビールのことを、
クラフトビールって言うようになったね。

いつからかは知らないけど。

肉マシピザポテト

カルビーは、
従来製品に比べてサラミ風味を倍増した、
ピザ味のポテトチップス、
「肉マシピザポテト」を発売したそうです。

ピザ味のポテトチップス、
「ピザポテト」に入っている、
サラミ風チップを2倍にし、
ブラックペッパーを効かせたとのことです。

肉マシピザポテトか。

ピザポテトは飽きるほど食べたから、
あまり、食べたいとは思わないかな。

とりあえず、
新発売とのことです。

興福寺

奈良市の奈良女子大学の学生と興福寺の僧侶が協力して、
グッズの開発を進めているそうです。

4月には第1弾として、
興福寺の仏像をモチーフにしたシールを、
国宝館のショップで販売する予定とのことです。

興福寺か。

行ったことないと思うな。

奈良には修学旅行で行ったけど、
鹿がたくさんいた記憶しかないな。

ニュータンタンメン

カルビーは、
川崎市で地元の味として親しまれているラーメン、
「ニュータンタンメン」味のポテトチップスを、
期間限定で2月17日に発売するそうです。

川崎市などの協力も得て、
味付けやパッケージのデザインを決めたとのことです。

ポテトチップス。

限定味。

ニュータンタンメン。

なんで限定なんだろうね。

長期的に売り出してみればいいのに。

SEO対策とは

SEO(Search Engine Optimization)とは、
検索結果でWebサイトを多く露出するために行うことで、
SEOを行うことをSEO対策といいます。

SEO対策以外にも検索結果に表示されるものとして、
リスティング広告があります。

しかし、SEO対策とは違いリスティング広告はお金がかかります。

SEO対策は基本的にGoogle対策です。

日本の検索サイトといえば、
Yahoo!とGoogleというのは、すでに常識ですが、
Yahoo!の検索エンジンはGoogleのアルゴリズムを使用しているので、
GoogleのSEO対策ができていればYahoo!対策にもなるのです。

検索結果の上位表示に必要な対策方法について、
SEO対策という言葉は知っているけど、
上位表示させるのは難しいというのが多数の意見です。

最近のSEO対策は、
ユーザーファーストが重要度を増しています。

そのため、質の低いコンテンツは順位が落ち、
検索結果にはコンテンツが充実したページが多く上位表示されている傾向となっています。

SEO対策を行うことによるメリットは、
オーガニックサーチからの流入を増やすことができるという点です。

SEO対策の手順として、
まずはキーワード選定から始まります。

対策するページに対して上位表示させたいキーワードを選びます。

特に、ページタイトルは重要な要素なので、
選定した対策キーワードを入れるようにしましょう。

SEO対策については、谷口組のホームページにわかりやすく掲載されています。

豚骨醤油

東洋水産は、
カップ麺「マルちゃん正麺 カップ がっつり系豚骨醤油」を、
23日に発売するそうです。

生麺のような食感と味を再現した麺に、
豚骨しょうゆ味のスープを合わせたとのことです。

しょうゆか。

とんこつみそが食べたいんだけど、
売ってないな。

最近のみそは、
しょうがが多い気がする。

まあ、
おいしいんだけど。

シャーベット

山形県産素材のジュースなどを生産する山形食品は、
サクランボとラ・フランスを使ったシャーベットを発売したそうです。

いずれも果汁を60%使い、
果物をそのまま凍らせたような食感にしたとのことです。

シャーベットか。

季節的に温かい物の方がいいな。

半グレとは

半グレとは、暴力団に詳しいジャーナリストの溝口敦氏が命名した、「暴力団に所属せずに犯罪を繰り返す集団」のことをいいます。

暴走族やヤンキーなどの不良が、暴力団対策法や都道府県の暴力団排除条例で身動きがとりづらい暴力団には入らず、先輩後輩など気の合う仲間で集団を形成し、グループ化したもので、1992年の暴力団対策法施行ならびにその後の暴力団排除条例施行が「半グレ」を生み出した原因ともいわれいます。

半グレの存在は、日本の各地に見られ、手口として、暴力団の民事介入暴力のように、タトゥーをちらつかせたり、物を叩いて大きな音を出したりなどの嫌がらせを行い、巧妙に脅してくるというものがあります。

このような半グレの対策については、以下のホームページにわかりやすく掲載されています。

https://taniguchigumi.info/